オダサクと川柳

わいわい天六in音太小屋、第4回学習会です。

オダサクと川柳

案内人 高橋 俊郎
(大阪市立中央図書館勤務、オダサク倶楽部)
川柳を三味線の音にのせて
和敬由三郎(香風川柳俳句唄家元)

織田作之助(1913年~1947年(昭和22年))は、大阪市天王寺区生玉前町に生まれ、大阪にこだわり、大阪に愛された作家といえます。昭和 15年「俗臭」が室生犀星の推薦で芥川賞候補作となりました。太宰治、坂口安吾、石川淳とともに新戯作派、無頼派と呼ばれ、オダサクの愛称で親しまれまし た。映画監督川島雄三とは生前親交があり、川島とともに日本軽佻派を結成。川島は織田の作品を映画化、代表作に『夫婦善哉』、『競馬』、『世相』などがあ ります。
また、俳句や川柳も本格的に習い、多くの作品を残しています。今回は、その作品をご紹介しましょう。

日時 12月24日(日) 午後1時~3時
場所 天満天六 ねた音太ごや小屋2(1階)

終了後、懇親会&忘年会を開きます。
参加費 各1,000円(1フード1ドリンク付)(OSAKAゆめネット会員は、各回800円)
定員 50名(先着順)

お申込み、お問合せ 音太小屋
大阪市北区菅栄町13-15  TEL06-6353-6985 FAX06-6353-6984
E-mail:tsmtz@yahoo.co.jp
主催 OSAKAゆめネット 共催 (有)コミュニティ企画 音太小屋
(ザ・淀川、ザ・おおさか発行)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>